早めにプロに任せてハクビシンが住みつく前に対策

害獣や害虫の駆除はお早めに。

お役立ち情報

どこからでも侵入する

家庭で悩まされている被害の一つに害虫による被害が挙げられます。ゴキブリなどの害虫が食べ物などを食べてしまう被害や病気を感染させることがあります。害虫はどこからでも侵入するので対策を行なう必要があります。

今すぐチェック

多くの危険が潜む

夏場は暖かくなるので、多くの生物が活発に活動を始めます。アウトドアで山に出掛けるのなら、ハチやマムシに注意をする必要があります。毒を持っているので、刺されると大変危険です。

今すぐチェック

自分でしてはダメ

害獣は作物などに悪影響を及ぼします。ハクビシン駆除を依頼するなら一度こちらのサイトをチェックしてみてくださいね。

危険な害獣として代表的なハクビシンの対策を事前にしておくなら実績豊富で専門の駆除業者に依頼しましょう。

各地で急増しているハクビシンですが、都心部にも住み着いてしまっていることも多いようです。ハクビシンが住み着いてからの初期現象としては、なんとなく自宅の中が臭うことや、夜になるとガタガタ音が聞こえる、ダニやノミがいるなどが挙げられます。そんな現象がある場合には、早急に駆除業者へ連絡して対応してもらうようにしましょう。ハクビシンが自宅に住み着いてしまった場合、自分での処理はできないようになっています。実はハクビシンは鳥獣保護法によって捕獲自体が禁止されているのです。なので、捕まえる場合には区役所や保健所などに申請しておく必要があります。また、ワナを仕掛けての捕獲は免許が必要になりますので、ハクビシンに対しての被害がきつい場合でも自分で捕獲などは行わないようにしましょう。

ハクビシン駆除業者の選び方を知って失敗しない業者選びを行いましょう。実績を実際に紹介している会社や料金をきちんと紹介している会社などを中心にして検討すると探しやすいです。また、そのほかにも現地調査を無料としていることや保証期間がついているなどのサービスについても注目して探すと最適な業者がみつかります。ハクビシンが住み着いてしまった場合には、かなり匂いがきついことや衛生面でもひどくなることがありますので、住み着かないための対策を十分に行っておきましょう。すぐにできる対策方法としては、餌場を作らないこと、寝床を作らないこと、侵入経路を作らなくすることなどが挙げられます。また、定期的に住み着きそうな場所をチェックしておくことも対策方法の一つです。

こっちもどうぞ

しっかり駆除を

小さな虫だと思って、対策を行わないという人もいます。しかし、害虫は数十匹と数が増えていくので増えてから対策をしては遅いのです。対策グッズなどを活用して早めの対策を行ないましょう。